【2024年3月最新】楽天トラベルお得なクーポン配布中!

やちむんを安く買う方法6選!沖縄旅行で行くべきおすすめのお店もご紹介

「やちむんを安く買う方法はあるの?」
「沖縄旅行でやちむんを買うにはどこに行けばいいんだろう」

上記のような疑問や悩みをお持ちではありませんか?

やちむんは、ぽってりとした厚みと南国感を感じられる絵付けが特徴の沖縄の焼き物。

素朴な風合いでありながら、盛り付けるだけでいつものお料理を粋な小料理屋のように格上げしてくれます。

そんなやちむんですが、7寸皿(※)で1枚5,000円程度のものも多く、手軽に何枚も買える値段ではないのが気になるところ。

職人さんが一つ一つ手作業で焼き上げてくれるため、それなりのお値段がするのは無理もありません。でも、少しでも安く手に入る方法があるなら知りたいと思いませんか?

そこで今回は、やちむんを安く買う方法について徹底調査しました。やちむんが気になっている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

この記事でわかること

  • やちむんを安く買う6つの方法
  • 沖縄旅行で行きべき やちむんを買える2つの場所
  • 壺屋やちむん通りで行くべき4つのお店
  • 壺屋やちむん通りに近い おすすめのホテル

子連れでやちむん通りのお店に入るのは大変です。記事後半でご紹介する近場のホテルを利用すれば、パパに子供を任せて一人でサクっと散策できますよ。

※7寸皿・・・直径21cm程度の1人前のカレーやパスタを盛り付けるのにちょうど良いサイズのお皿。

目次

やちむんを安く買う6つの方法

ここでは、やちむんを安く買う6つの方法をご紹介します。

  • 壺屋やちむん通り祭りで買う
  • 沖縄産業祭りで買う
  • 読谷やちむん市で買う
  • ムーンビーチおきなわ全島やちむん市で買う
  • ふるさと納税で買う
  • 楽天市場などの通販で買う

1つずつ詳しく解説します。

※ご紹介しているイベントに行く際は、公式サイトで開催日をよくご確認ください。

壺屋やちむん通り祭りで買う(11月)

「壺屋やちむん通り祭り」は、那覇市の壺屋やちむん通りで毎年11月上旬の土日に開催されるお祭りです。

各店舗の商品を特別価格で購入できる上、三味線ライブやこどもクイズラリー、福引きなどのイベントも楽しめます。

普段は有料の壺屋焼物博物館が無料開放されているのも魅力です。

やちむん通りが大好きな私もいつかは行きたいと思っています。

沖縄の産業祭りで買う(10月)

那覇市内にある奥武山公園(おうのやまこうえん)にて、毎年10月下旬に3日間開催される「沖縄の産業まつり」。県内最大級の総合産業展で、たくさんの特産品や新製品などが集まります。

やちむんやシーサーも割安で販売されており、宅配便の発送ブースもあるため、まとめ買いが可能です。県産の食材や泡盛はもちろん、珍しい商品が並ぶこともあるため、新たな沖縄の魅力を発見するきっかけにもなりそうです。

2023年は工場直送のオリオンビールが飲めるビアガーデンも開催され、多くの人が訪れました。

やちむんも沖縄の特産品もマルっと楽しめるイベントです。この時期に沖縄に行くならぜひ予定に組み込んでみてくださいね。

読谷やちむん市で買う(2月)

「読谷やちむん市」は、沖縄県の中心部に位置する読谷村で毎年2月の最終土日に開催されます。県内外から約2万人が訪れる県内最大級のやちむん市です。

読谷村内の窯元で作られたやちむんなどがお得な価格で販売されています。

ムーンビーチおきなわ全島やちむん市で買う(3月)

「ムーンビーチおきなわ全島やちむん市」は、恩納村のザ・ムーンビーチ ミュージアムリゾート(旧:ホテルムーンビーチ)で毎年3月下旬の土日に開催されます。

離島を含む全島から窯元が集まり、陶芸家とのコミュニケーションを楽しみながらお買い物ができます。今までにないやちむんとの出会いがあるかもしれません。

ザ・ムーンビーチ ミュージアムリゾートは写真映え抜群のリゾートホテルです。ポトスのグリーンカーテンやインフィニティプールなど、南国リゾートの雰囲気をたっぷりと満喫できますよ。

ふるさと納税で買う

お得に買うならふるさと納税を活用するのも1つの方法です。特に楽天ふるさと納税では取り扱い数も多く、古典的なものから現代的な絵柄まで幅広い種類のやちむんが見つかります。

お買い物マラソン開催中に購入すれば、よりお得に購入できます。今年の寄付先に迷っているのなら、ぜひやちむんをゲットしてみてくださいね。


楽天市場などの通販で買う

楽天市場では、アウトレット品や割安に買える「やちむん風の美濃焼」も見つかります。電子レンジや食洗機もOKのものもあり、毎日気軽に使えるのが嬉しいポイントです。

小皿なら1枚500円程度で購入できるものもあるので、チェックしてみましょう!


沖縄旅行で行きたい!やちむんを買える2つの場所

沖縄県内では、やちむんに関するさまざまなイベントが開催されていることがわかりましたね。

ここでは沖縄旅行で行くべき、代表的なやちむんスポットをご紹介します。

  • 壺屋やちむん通り
  • 読谷村やちむんの里

それぞれ詳しく解説します。

イベントの開催日と旅程が合わないときは、ぜひこちらに行ってみましょう!

壺屋やちむん通り

那覇市の中心部に位置する壺屋やちむん通りは、観光スポットとしても人気です。石畳の道の両脇には陶芸工房やギャラリー、カフェなどが点在しています。

車通りも少なくネコちゃんが寝転がってくつろいでいる姿を見られることも。ノスタルジックな雰囲気で、のんびりと散策を楽しめますよ。

道に埋め込まれたタイルやマンホールからも沖縄を感じられるので、チェックしてみてくださいね。

おすすめのお店は『壺屋やちむん通りで行くべき4つのお店』でご紹介します。

楽天トラベル レンタカーで使える!お得なクーポン配布中!

読谷村やちむんの里

やちむんの里は、19の工房やギャラリー、セレクトショップが集まった地域のことです。

青空と緑豊かな自然、大きな赤瓦の登窯の組み合わせは、沖縄ならではの美しい景色です。

作り手の個性が光るやちむんが豊富に揃っているため、きっとお気に入りの1皿がみつかることでしょう。

壺屋やちむん通りで行くべき4つのお店

やちむん通りのお店はどれも素敵なお店ばかりですが、絶対に外せないのは以下4つです。

  • 育陶園
  • Kamany
  • guma guwa
  • ヤッチとムーン

1つずつ詳しく解説します。

育陶園

「育陶園」は、約300年続いている壺屋焼の窯元。先代から受け継いできた技術を活かしながらも、現代でも使いやすい、生活に寄り添った器を作っています。

育陶園のお皿

こちらの7寸皿も育陶園のもの。

煮物でもパスタでもカレーでも、とりあえずこれに盛り付ければ何でも美味しく見せてくれる頼れる1皿です。

店舗情報

住所沖縄県那覇市壺屋1-22-33
TEL098-866-1635
定休日1/1-2
営業時間10:00-18:00

Kamany(カマニー)

「Kamany」は育陶園から生まれたブランドで、コンセプトは”時を味わう器”です。直線デザインが美しくモダンな雰囲気が感じられます。

店舗情報

住所沖縄県那覇市壺屋1-22-33
TEL098-866-1635
定休日1/1-2
営業時間10:00-18:00

guma guwa(グマーグワー)

「guma guwa」も育陶園から生まれたブランドで、毎日使いたくなるような軽やかな器が揃っています。

やわらかな色使いや手描きの柄付けがかわいらしく、北欧インテリアにも馴染みそうな雰囲気です。

gumaguwaのお皿

このオーバル皿もguma guwaのもの。

お店で見た瞬間に一目惚れして、4色まとめ買いしました。(ホワイト、グリーン、ピンク、ブルー)

子どもたちがもう少し大きくなったときに、4人でこのお皿を使って朝食をとるのが楽しみです。

店舗情報

住所沖縄県那覇市壺屋1-16-21
TEL098-911-5361
定休日1/1-2
営業時間10:00-18:00

ヤッチとムーン

ヤッチとムーンの店内にいるクマさん

ひょっこり覗き込むクマさんがなんともかわいらしいお店「ヤッチとムーン」。SNSで発見してからずっと行きたいと思っていたお店です。

子どもと一緒に使いたい、素朴でかわいいお皿がたくさん見つかります。

姉妹店の「UTSUWA チャタロウ」もおすすめです!

実は鎌倉にも「ヤッチとムーン鎌倉出張所」という店舗があります。

店舗情報

住所沖縄県那覇市壺屋1-21-9
TEL098-988-9639
定休日年中無休
営業時間10:00 ~ 18:30

壺屋やちむん通りに近いおすすめホテルは?

ここでは、やちむん通りに近いおすすめのホテルをご紹介します。子連れでやちむん通りを散策したいなら、近くにホテルをとると非常に便利なんです。

やちむん通りは石畳のため、ベビーカーは走行しづらくおすすめできません。また、入口に段差のあるお店が多く、入店するのも大変です。店内も狭いため、ベビーカーでは思うように動けなかったり、他のお客様の邪魔になったりする可能性もあります。

ベビーカーのいらないお子様連れも、割れ物が並ぶお店に入るのはヒヤヒヤしてしまいます。

近くにホテルがあれば、パパ・ママどちらかに子守をお願いしてゆっくりと散策ができます。お昼寝やプールで遊ばせている間などの時間を有効活用できますよ。

ハイアット・リージェンシー那覇 沖縄

おすすめなホテルは「ハイアット・リージェンシー那覇 沖縄」です。やちむん通りまで歩いてすぐの場所に位置する高級ホテルです。国際通りや牧志公設市場までも歩いていける好立地で、観光の拠点としても便利です。

屋上には広々としたプールがあり、浮き輪やゴーグルなどもレンタルできます。プールの一角にはおしゃれなソファや、家族で広々と入れるジェットバスも完備されており、ゆっくりとくつろげます。

我が家はデラックスツインに宿泊しました。お部屋の狭さと景観がネックではありますが、とにかくアクセスが便利です。お部屋もおしゃれで高級感があり、朝食ビュッフェも品数豊富で満足でした!

やちむん通りは目と鼻の先。子供のお昼寝中にゆっくりとやちむんが見れて大満足でしたよ。買うかどうか迷ったときに一晩寝て考えて翌朝買いに行く!なんてこともできます。

子連れならバス・トイレ別のデラックスツイン以上のお部屋がおすすめです。

やちむんを安く買う方法│まとめ

今回は、やちむんを安く買う方法をご紹介しました。沖縄に行く際は、旅程が合えばぜひやちむん祭りや、やちむん市を訪れてみてくださいね。

 

 

 

目次